Global oil demand is expected to recover by 5.5 mb/d to 96.6 mb/d in 2021, following an unprecedented collapse of 8.8 mb/d in 2020. For now, a resurgence in Covid-19 cases is slowing the rebound, but a widespread vaccination effort and an acceleration in economic activity is expected to spur stronger growth in the second half of the year.

国際エネルギー機関(IEA)は世界石油需要について、昨年が日量880万バレル減少したのに対して、今年は550万バレル回復するとの見通しを示しました。依然として19年の水準は回復できませんが、正常化には近づく見通しです。ワクチンによって、特に下期の経済活動、石油需要の回復が見込まれています。

But it will take more time for oil demand to recover fully as renewed lockdowns in a number of countries weigh on fuel sales. This has contributed to us revising down our forecast for global oil demand by 0.6 mb/d for 1Q21 and 0.3 mb/d for 2021 as a whole. World oil demand is now expected to rise by 5.5 mb/d this year, following 2020’s 8.8 mb/d contraction. This recovery mainly reflects the impact of fiscal and monetary support packages as well as the effectiveness of steps to resolve the pandemic.

もう一つは、財政政策と金融政策の支援です。特に、最近は財政政策の需要刺激効果が注目され始めていますが、パンデミック収束後の需要環境改善を占う上で、どの程度の財政政策の支援が得られるかが重要なテーマになっています。IEAも1~3月期の需要見通しを引き下げていますが、マーケットは「今が最悪期」との認識を強めている模様であり、IEA月報はポジティブ材料として消化されました。

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】