シカゴ穀物相場の高騰続く
レーショニングが必要か

年初からシカゴ穀物相場が急騰している。トウモロコシ相場は、昨年12月前半の1Bu=420セント水準に対して、1月12日の米農務省(USDA)需給報告が発表された後には、530セント台まで値上がりしている。大豆先物相場も、同1100セント台後半に対して、足元では1400セント台前半まで値上がりしている。トウモロコシは2013年6月以来、大豆は14年6月以来の高値を、それぞれ更新している。

USDAによると、2020/21年度の米国産期末在庫見通しは、トウモロコシで15.52億Buとなっているが、これは前年度の19.19億Buを大きく下回っている。決して生産環境が大幅に悪化している訳ではないが、需要が前年度の139.63億Buから145.75億Buまで急増する見通しにある中、需要をカバーするに足る供給量を確保するのは難しい情勢になっている。これは大豆も同様であり、20/21年度の期末在庫は前年度の5.25億Buから1.40億Buまで急減する見通しになっている。もはやこれ以上の在庫削減は難しい状況に陥っている。

この状況を南米産の豊作でカバーすることが期待されていたが、ラニーニャ現象の影響で今季の南米では土壌水分不足が深刻化しており、南米産の穀物生産高見通しに対しては下方修正圧力が目立つ状況になっている。南米産の生産高も決して大きく落ち込んでいる訳ではないが、需要拡大圧力をカバーするだけの増産圧力を発生することが難しい状況になっている。

この結果、現在の穀物市場では「レーショニング」が始まったとの見方が強い。レーショニングとは、需給ひっ迫状態が深刻化した際に、価格を大きく押し上げることで需要を抑制し、需給バランスの安定化を促す動きのことである。21/22年度の北半球の生産はまだ始まってもいない段階であり、当面は需要を抑制、更には引き下げることで、穀物需給バランスシートを維持する必要性が高まっている。

ただ、現在は主要穀物相場が軒並み高騰しているため、トウモロコシや大豆相場を押し上げても、代替品に対する需要シフトは想定できない状況にある。大豆の場合だと、飼料である大豆ミールに対しては、豚肉価格の高騰が問題になっている中国での引き合いが強い状態が続いている。大豆油に関しても、パーム油やカノーラ油も高騰しているため、大豆油からの需要シフトが想定できる状況にはない。このため、レーショニングが求められながらも、どこまで価格が高騰すればレーショニングが始まるのか分からないとの不安心理が、穀物相場の高騰をエスカレートさせている。

 当面は価格高騰で農家に対して21/22年度の作付面積拡大など増産を働き掛けつつ、短期目線では需要を抑制することで、穀物需給バランスシートの破たん回避を探る展開が続くことになる。
(2021/01/06執筆)

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2021年1月18日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com