中国の2020年の原油輸入量は前年比7.3%増となり、過去最高を更新しました。パンデミックの発生する中で7.3%増は異常な高水準ですが、末端需要の高まりというよりも、在庫手当の影響が大きいようです。パンデミックによる需要消滅で各国は原油調達量を一斉に絞りましたが、中国は逆に在庫手当の好機と考えた模様です。当初は買い控えもみられましたが、4月に一気に調達量を増やし、9月頃まで大量購入を行いました。


独立系製油所が在庫を拡充したことに加えて、民間の備蓄業者も安値で買い付ける好機と考えた模様です。その後は輸入割当の消化、原油相場の回復で年末に向けて調達量を減らしましたが、それでも通年で7.3%増は良い数値です。


2020年は中国が原油需給緩和圧力を阻止する役割りを果たしたことが明確に確認できます。中国は極めて低コストな状態で大量の原油を調達した格好であり、製油所にとっては石油製品価格が上昇すれば大きな利益がもたらされる状況になっています。

EruqLMXVQAAhMlr
















【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】