年末年始を挟んで暗号資産ビットコイン(BTC)相場が大きく動きました。法定通貨に対する代替通貨という視点では金と同じロジックを共有するマーケットと言える一方、代替通貨間での競合も警戒される状況にあります。

ドル建ての金とビットコインの相関係数を2015年以降の週足で計算すると+0.72と、かなり強めの相関が出ています。年毎だと2015年が-0.67、16年が+014、17年が+0.45、18年が+0.58、19年が+0.73、20年が+0.48となっています。ビットコインの低迷していた15年や16年時点では目立った相関は見られませんでしたが、17年以降はある程度の相関関係を認めることができます。もちろん、偶然の一致の可能性もありますが、19年後半以降にビットコインと金が同時に大きく上昇し始めたことからは、ドルに対する代替通貨のニーズが高まったことが窺えます。

ビットコイン価格の高騰を歓迎すべきか警戒すべきか、今年の金市場では活発な議論が行われそうです。金相場の値上がり、値下りといったトレンドが機関投資家によるビットコインの認知で変わることはないと考えていますが、従来と比較して金融市場などの変動に対する反応が鈍くなる可能性は想定しておく必要がありあそうです。

無題

















【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】