年明けと週末が重なり主要マーケットが休場となる中、暗号資産ビットコインが急伸しています。1ビットコイン=3万ドルを完全に突破しています。そのCoinpostは、「米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースProから、ビットコインが3万5000BTC(1160億円相当)超出金されたことが分かった。」と報じています。

詳細は当事者にしか分かりませんが、金額の大きさからはOTC取引で機関投資家がビットコインを購入した可能性が高そうです。自己投資なのか、購入したビットコインで新しい金融商品を組成する動きかは分かりませんが、機関投資家によるビットコイン投資のトレンドを再確認する動きと言えます。

既に生命保険増すミューチュアル、投資会社スカイブリッジ・キャピタルなどがビットコインへの投資拡大を行っていることが確認されています。特にリップル(XPT)の取引環境が急激に悪化する中、暗号資産市場内でビットコインの相対的な評価が高まっている影響もありそうです。

これがドルに対する退避ニーズだった場合には、金相場にとってはマクロ環境の強気を確認する一方、ビットコインとの競合が警戒されることになります。



【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】