12月のJPX金先物相場は、前月比で363円高となりました。9~11月まで3カ月連続で下落していましたが、月末を前に11月の下げ幅(354円安)はほぼ相殺した格好になります。

今年を含まない過去10年のデータでみると、12月は80%の確率で上昇している上昇し易い月ですが、季節パターンに沿った相場展開になりました。これで5年連続の12月高になります。

さて1月の金相場ですが、今年を含む過去10年のデータだと8勝2敗になります。今年は203円高でした。仮に2021年も1月に上昇すると、3年連続の1月高になります。季節傾向としては、12月に続いて、1月と2月も強含み易く、3月に調整局面入りするパターンが見いだせます。

無題









【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】