小菅努の商品アナリスト日記

金、プラチナ、原油、天然ゴム、穀物、農産物などのコモディティ市場をメインに、為替、株価指数などもカバーしています。

金融機関、商社、事業法人、ベンダー様向けにマーケット分析情報の配信業務を行っています。コモディティ市場のレポート配信サービス(法人向け)、寄稿・講演のご依頼などは、下記E-Mailまでお問合せ下さい。

マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com

coffee

供給不安を織り込むコーヒー

供給不安を織り込むコーヒー
コロナのもたらす供給制約

 新型コロナウイルスは、コモディティ市場においては需要と供給の双方に対するリスクを高めるイベントになる。経済活動の停滞を促す側面が注目されれば、今年4月にNY原油先物相場が一時マイナス価格を記録したのに象徴されるように、コモディティ価格は下落する。今年は原油以外にも、非鉄金属や天然ゴム、プラチナなどの産業用素材市況が軒並み大きく値下りした。新型コロナウイルスの第2波、第3波が日本を含めた世界各地で観測される中、コモディティ需要の先行き不透明感は強い。

 一方で、新型コロナウイルスは経済活動を広範囲にわたって阻害するため、当然に需要サイドのみならず供給サイドにも影響を及ぼすことがある。例えば、中南米では銅鉱山が操業停止や縮小を迫られたことで、需要ショックで急落していた銅相場は、6月から7月にかけて急伸地合を形成した。金やプラチナ鉱山などでもロックダウン(都市封鎖)が行われると稼働停止のリスクがあるため、コモディティは供給サイドにも大きな不確実性を抱えた状態にある。

 ここにきて、その供給リスクが注目されているマーケットの一つが、コーヒー相場である。NYコーヒー先物相場は、6月から7月中旬にかけて1ポンド=90セント台で取引されていたが、8月入りしてからは120セント台まで急伸している。これまでは、ブラジルを筆頭とした潤沢な供給見通しが上値を圧迫していたが、中南米、更にベトナムやインドネシアといった主要生産国で新型コロナイルスの感染被害が広がりを見せていることで、本当に安定供給が可能なのか、懐疑的な見方が浮上しているのだ。特に、最近ではベトナムの感染被害拡大がコーヒー市場参加者の注目を集めており、同国の保健当局は従来よりも感染力が強くなっていると警告を発している。米国など消費国の在庫水準が抑制されているだけに、統計上は十分な在庫があるものの、実際には市場に対して供給できないリスクが強く警戒されている。

 パーム油や天然ゴムに関しても、これと同様の問題が浮上している。トウモロコシや大豆などの穀物は大規模な農業機械が導入されているため、新型コロナウイルスの直接的な影響は限定される。しかし、コーヒーやココア、天然ゴム、パーム油などは機械化が困難な労働集約型の産業であり、感染対策を重視すると収穫作業や流通に影響が生じるリスクを抱えている。農地での感染被害が限定されても、各国が人の移動を制限すると、外国人労働者の出入国が難しくなり、農地で労働力が不足することになる。

 しかも、中国南部や東南アジアでは、気象環境も不安定化している。インドネシアやマレーシアでは豪雨、タイでは干ばつなど、農業生産全体が大きなリスクを抱えている。ラニーニャ現象への移行が進むとの見方も浮上しており、穀物を除く主要農産物価格に対して値上り圧力が目立つ状況になっている。
(2020/08/05執筆)
【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2020年08月03日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com   

コーヒー相場や安値低迷か

コーヒー相場や安値低迷か
6年ぶりの高在庫水準へ

 ICEコーヒー先物相場は、1ポンド=100セントの節目を下抜き、約8か月ぶりの安値圏で取引されている。昨年12月には一時142.45セントまで値上りしていたが、今年は4月以降に売り圧力が強まり、断続的に値位置を切り下げる展開になっている。背景にあるのは、ブラジルの大規模な増産によって国際コーヒー需給が6年ぶりの緩和状態に陥ると予想されていることだ。

 ブラジルのコーヒー生産は隔年で増産と減産を繰り返すサイクルにあるが、2020/21年度は増産(表作)年に該当する。このため、ブラジルの増産で需給が緩むことは広く予想されていたが、その増産圧力が従来の想定を上回る可能性が高まっているのだ。

 米農務省(USDA)によると、20/21年度の世界コーヒー生産高は前年度比915万袋(1袋=60kg)増の1億7609万袋が見込まれているが、ブラジル産のみで860万袋の増産が予想されている。今季のブラジルでは、総じて良好な気象環境に恵まれたことで高イールドが実現する見通しになっている。5~6月にブラジルではアラビカコーヒーの収穫作業が始まっているが、新型コロナウイルスの影響で例年と比較すると若干の遅れが報告されているが、今後は過去最大のコーヒー生豆が市場に供給される見通しになっている。しかも、ブラジル通貨レアルが過去最安値圏にあることで、ブラジルの農家は安値でも出荷意欲が強いとみられ、これから強力な供給プレッシャーの発生が確実視されている。

 一方、世界コーヒー需要は前年度比234万袋増の1億6628万袋と、強力な増産圧力に対応した伸びは期待できない状況になっている。新型コロナウイルスの影響がコーヒー需要にどのような影響を及ぼすのかは不透明だが、カフェやレストランなどへの外出が手控えられると、コーヒー需要に対して下押し圧力が発生することになる。実際にコーヒーチェーン最大手スターバックスは、アメリカ、カナダ、中国などで相次いで大規模な閉店を行うと発表している。今後はテイクアウト用の店舗展開を増やすとしているが、アフター・コロナの社会がコーヒー需要にどのような影響を及ぼすのかは、手探りの状態にある。

 20/21年度の世界コーヒー期末在庫は4148万袋が見込まれているが、これは前年度の3510万袋を18.2%も上回っている。これから各国で収穫作業が順調に進めば、大量の在庫が生産国と消費国の双方で発生することになり、コーヒー相場は90セント割れの可能性も含めた安値低迷状態が続き易い状況にある。新型コロナウイルスは中南米で依然として感染被害が広がり続けているため、収穫や流通、出荷にトラブルが発生すると短期的な需給ひっ迫感が浮上する余地はある。しかし、通常の供給体制が維持できるのであれば、需給緩和状態がコーヒー相場の低迷状態を促そう。

(2020/06/18執筆)
【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2020年06月22日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com   

コーヒー相場は1年ぶり高値更新

コーヒー相場は1年ぶり高値更新
来年のブラジル減産を織り込む

コーヒー価格が急伸している。ICEアラビカコーヒー先物相場は、8~10月にかけて1ポンド=90セント台前半の安値圏で揉み合う展開になっていたが、11月には110セント台後半まで値上がりし、約1年ぶりの高値を更新している。

背景にあるのは、2020年にブラジル産のコーヒー生産高が落ち込み、世界的に在庫の取り崩しが進むとの見方があることだ。アラビカコーヒーは隔年で増産と減産を繰り返す生産サイクルを有しているが、20年は減産年にあたる。しかも、ブラジルでは降水量不足で土壌水分が不足しており、特にアラビカコーヒーの品質悪化や収量減減少のリスクが強く警戒されている。

米農務省(USDA)は、2019/20年度のブラジル産コーヒー生産高について、前年度の6480万袋(1袋=60kg)から5930万袋まで、8.5%減少するとの見通しを示している。これに伴い、世界生産高は1億5865万袋から1億6913万袋まで減少する見通しになっている。これは、ブラジルが前回裏作だった17/18年度の1億5865万袋を大きく上回っているが、世界的に在庫の取り崩しを促すのには十分な減産規模になっている。実際にUSDAは世界期末在庫について、前年度の3635万袋から3355万袋まで7.7%減少するとの見通しを示している。

こうした動きは最近になって突然に判明したものではないが、18/19年度産の収穫が終わって19/20年度の需給環境にマーケットの関心がシフトする中、ファンドが売りポジションの買い戻しや押し目買いを入れる動きを活発化させている。足元ではブラジルでも降水量が回復しているが、再び乾燥傾向が強まるような展開になると、更にリスクプレミアムが加算される余地を有している。

ただ、これがコーヒー需給のひっ迫化につながるとまで見ている向きは殆どいない。上述のようにブラジル産は大規模な減産が確実視されているが、過去の裏作と比較すると高水準の生産高が見込まれており、在庫も減少はするが、裏作年として特別に大きな変動までもが想定されている訳ではない。在庫水準からみれば、90セント水準で底入れした可能性が高いものの、120セント水準から更に大きく値上がりするような需給見通しにはない。ファンドの売りポジションの決済が進み易いが、新規で買いポジションを構築するような動きまでもが、本格化するとは考えられていない。

しかも、為替市場ではブラジル通貨レアルが軟化しており、ドル建てコーヒー相場は為替環境から強力な下押し圧力に晒されている。コーヒー相場は底入れしたものの、在庫通り崩し圧力は軽微かつ19/20年度に限定されたものであり、20/21年度には再び強力な在庫積み増し圧力に直面するのが確実視されている。大規模な天候障害の発生などがなければ、修正高の域に留まろう。
(2019/11/28執筆)
【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2019年12月02日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com 

   

コロンビアで、コーヒーからコカイン生産にシフト?


The lowest international coffee prices in a decade are leading many despairing farmers in Central and South America to abandon their farms, fuelling fears of an industry crisis.

コーヒー相場の低迷が深刻化していますが、ブラジルでは通貨レアル安の影響もあって農家収益に対するダメージは限定され、なかなか生産調整が進まない状況です。輸出は減るどころか増えており、昨年の過去最高の豊作に続いて、今年も豊作予想が優勢です。

コロンビア政府は補助金などでコーヒー農家支援に動いていますが、Financial Timesはコーヒー生産をあきらめてコカインの原料であるコカ生産にシフトしていると報じています。コロンビアでは、もともと低取得の農家がコカの生産に携わっていましたが、食料生産へのシフトを促すことで、コカイン生産を抑制することを目指していました。その受け皿の一つにコーヒーもありましたが、一部農家がコカの誘惑に負けてしまっている模様です。

具体的な数値が出ていないので(数字があるのでしょうか?)詳しいことは分かりませんが、コロンビアでコーヒー生産が減少する事態になると、違法薬物であるコカが増産されてしまうのでしょうか。やはり農産物は安ければ良いというものではありませんが、国境と関係なく流通する農産物に関しては、ブラジルでは問題ないがコロンビアでは悲劇といった地域間格差がどうしても生じてしまいますね。なお、コーヒーの需給分析的には、天候不順がないと少なくとも今後2年程度は厳しい相場環境になりそうです。

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com 

  

コーヒー価格が歴史的低迷

コーヒー価格が歴史的低迷
ブラジルの豊作が脅威に

コーヒー価格が急落している。国際指標となるICEアラビカコーヒー先物相場は、1年前の1ポンド=120セント水準に対して足元では100セントの節目割れ定着を打診する展開になっている。背景にあるのは、最大生産国であるブラジルからの強力な供給圧力である。

 ブラジル食糧供給公社(Conab)は昨年12月、同国の2018年のコーヒー生産高が過去最高となる6165万袋に達したと発表した。これは前年比で27%の急増となる。5月時点の5804万袋が9月時点では5990万袋まで引き上げられていたが、10~12月期に土壌水分を緩和する潤沢な降雨が観測されたこともあり、ついに6000万袋の大台に乗せている。

ブラジルのコーヒー生産は隔年で増産と減産を繰り返すが、18年は増産年となる表作に該当するため、もともと高めの生産水準が想定されていた。しかし、6165万袋の生産高はサプライズ感が強く、過去最大規模の供給圧力に直面する中、コーヒー相場は値下がり対応を迫られている。

19年は逆に裏作になるため、少なくとも18年の生産水準からは下振れすることが確実視されている。ただConabの推計だと5048万~5448万袋まで11.6~18.1%の減産見通しに留まっており、裏作としては驚異的な生産規模が想定されている。18年の豊作で積み上がった在庫に加えて、19年も現在の生産高見通しが実現すれば、20年の表作には更に強力な供給プレッシャーに直面する可能性も警戒され始めている。専ら供給サイドの要因で値下がり対応を迫られている。

通常だと、コーヒー相場は低迷すると農薬や肥料投資などが十分に行えず、病害の発生やイールドの低下によって、不作リスクが高まることになる。しかし、近年は生産技術の向上もあって豊作が当たり前の状態になりつつあり、潤沢な在庫をさばけない状態が恒常化するリスクさえ警戒され始めている。

従来の常識では、100セントを割り込めば農家が在庫売却を止めることで、相場は下げ止まることになる。実際に昨年9月に100セント台を割り込んだ際も、短期間で反発に転じている。13年や15年も100セントが近づくと荷動きの鈍化で下げ止まる傾向にあったが、今季は100セント割れが定着化している。

あまりに大量の荷を抱える中、従来よりも農家の在庫売却可能ラインが切り下がっている模様だ。また、ブラジル通貨レアルの水準が低くなっているため、通貨要因でもドル建てコーヒー相場の安値低迷が許容されている。何らかの天候障害が発生するか、レアル相場の急伸が見られないのであれば、コーヒー相場の本格的な反発は難しい情勢になりつつある。

(2019/03/20執筆)

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2019年3月25日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 http://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com 
sponsored link
記事検索
 
QRコード
QRコード
sponsored link
プロフィール
小菅 努(こすげ つとむ)

1976年千葉県松戸市生まれ。筑波大学卒。商品先物・FX会社の営業本部、ニューヨーク事務所、調査部門責任者等を経て、現在はマーケットエッジ(株)代表取締役。商品アナリスト・東京商品取引所認定(貴金属、石油、ゴム、農産物)。貴金属、金属、エネルギー、ゴム、農産物などの商品先物市場全般が主なカバー対象です。商社、事業法人、金融機関向けに分析レポートを配信しています。為替、株価指数などもカバーしています。

【URL】
マーケットエッジ株式会社

【E-mail】
kosuge.tsutomu@outlook.com

【SNS】
Twitter

【連絡先】
E-mailでお願い致します。相場動向に関する質問への個別対応は行っていませんのでご了承下さい。
小菅努のコモディティ分析
小菅努のコモディティ分析 ~商品アナリストが読み解く「資源時代」

会員制の有料メルマガです。コモディティの基礎知識から専門的な分析まで提供しています。1,944円/月、週2回以上の発行です。

詳細や購読のお申し込み方法は
http://foomii.com/00025
をご覧下さい。
アナリストの視点
Yahoo!ニュース コモディティアナリストの視点

Yahoo!ニュースに不定期で寄稿しています。

過去のレポートはこちら をご覧下さい。
Twitter
amazon.co.jp