天候不順で農産物全面高
ラニーニャ現象の余波続く

気象庁は10月9日に公表した最新の「エルニーニョ監視速報」において、「夏からラニーニャ現象が発生しているとみられる」、「今後冬にかけて、ラニーニャ現象が続く可能性が高い(90%)」との報告を行っている。ラニーニャ現象とは、南米沖の海面温度が基準値よりも低い状態になると発生する異常気象であり、グローバルな天候不順を引き起こす傾向が強い。今年は、中国南部で大規模な洪水被害が発生し、日本でも豪雨や洪水被害が多発しているが、いずれもラニーニャ現象の影響が指摘されている。

ラニーニャ現象が発生すると日本では冬の間に厳しい寒波が観測され易いが、東南アジアでは海水温度が高めに推移するため、積乱雲の発生から台風や豪雨被害が発生し易い。実際に今年は東南アジア全域で洪水被害が報告されており、天然ゴムやパーム油の供給不安が高まっている。2011年にはタイで自動車工場が大規模な洪水被害に見舞われたが、農地や道路の冠水被害が報告されると、供給不安から急伸地合が形成される可能性が高まる。中国でも洪水や台風の影響で農産物の収穫量が減少しており、米国産などの調達量を増やしている。

一方、南米のブラジルやアルゼンチンでは乾燥懸念が強くなっている。現在、南米はトウモロコシや大豆の作付け期になるが、最高気温が40度近くに達する一方で、週間降水量がゼロの地域も多く、作付け作業の遅れが警戒されている。作付けが失敗に終わるリスクから、降雨による土壌水分の改善が待たれているが、このままホット・アンド・ドライ(高温乾燥)傾向が続くと、不作のみならず作付け放棄のリスクも浮上することになる。ロシアやカザフスタン、フランスなどでも熱波が報告されている。2020年度産が収穫期目前に大きなダメージを受け、更には冬小麦の作付けに対する影響も警戒されている。米国でもメキシコ湾でハリケーンが頻発し、今年は原油や天然ガス、綿花生産などが大きなリスクに晒された。

農産物価格が歴史的な高騰相場を形成するパターンを振り返ると、概ねエルニーニョ現象発生後のラニーニャ現象発生となっている。二つの異常気象が連続して発生すると、高い確率で農産物供給全体に大きな混乱が生じ、異常ともいえる高騰相場が形成されることになる。近年では2010/11年度、06/07年度、1997/98年度などがそのパターンだが、今回のラニーニャ現象もエルニーニョ現象の終息後に発生している。

まだラニーニャ現象は夏場に発生したばかりとみられるが、これが長期化して来年の作付け期にまで持ち越されるような事態になると、深刻な供給懸念が農産物相場を強く刺激しよう。特にコロナ禍で労働力や輸送、輸出などサプライチェーンは大きなリスクを抱えているだけに、そこに天候リスクが加わることに対する警戒感は強い。ラニーニャ現象が一時的なものに留まるか否かに注目したい。

(2020/10/14執筆)
【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2020年10月19日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com