原油売りに脅しかけるサウジ
リビア出荷再開で需給緩む

サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は、原油市場で空売りを行っているトレーダーに対して、「地獄のような痛手」を負うことになるだろうと警告した。原油需要の先行き不透明感から価格水準が切り下がる中、石油輸出国機構(OPEC)プラスによる需給安定化の試みの失敗を予測するような動きを強くけん制した格好になる。

NY原油先物相場は、9月に入ってから1バレル=40ドルの節目を割り込む場面が増えている。北半球でドライブシーズンが終了して需要の端境期に入っている季節要因に加えて、コロナ禍の脅威が再び高まっていることで、需要見通しの不確実性が増していることが警戒されているためだ。例年、9~10月にかけてはガソリン需要が低迷し、製油所のメンテナンスシーズン入りによって原油需給は緩む傾向にある。今年は特に、航空機の飛行距離が抑止されていることに加えて、リモートワークやビデオ会議の普及が進んでいるため、輸送用エネルギー需要の低迷が強く警戒されている。

しかも石油メジャーBPは、原油需要の拡大サイクルが既に終了した可能性も指摘している。新型コロナウイルスによって人々の行動様式が大きく変わったことに加えて、環境規制強化の動きが加速する中、再生可能燃料シフトが従来想定されていたよりも早いペースで進展するとの見通しを示している。マーケットでは、石油需要のピークが2030年ころに訪れるとの漠然としたコンセンサスがあるが、仮にコロナ禍が終息しても原油需要が従来のような拡大基調に回帰できないリスクが、原油相場の地合悪化を促している。

ただ、OPECプラスとしては改めて原油需給が緩み、価格低迷が再開されることは許容できるものではない。8月には需要回復傾向を受けて協調減産の規模を日量970万バレルから770万バレルまで縮小したばかりだが、サウジアラビアは原油安が更に進むようであれば、10月にも改めて追加減産を行う可能性を示唆している。追加減産カードを誇示することによって、原油の空売りをやめるように圧力を掛けている。

しかし、これは追加減産の検討を開始しなければならない程に、原油需給見通しの緩和リスクが高まっていることを意味する動きである。OPECプラスとしては、年末を以て減産規模を更に縮小することで、生産体制の正常化を進めることを計画している。しかし、仮に改めて減産規模の拡大を迫られる状況になると、半永久的に協調減産から抜け出せなくなる可能性も浮上する。

しかも、北アフリカのリビアでは東西勢力の停戦合意が実現し、原油輸出が再開され始めている。リビアは内戦によって原油輸出がほぼ停止していたが、このまま停戦合意が守られると、早期に日量100万バレル規模の追加供給が行われる可能性もある。これは協調減産合意の影響を受けないため、リビアの生産動向によってはOPECプラスが直ちに追加減産の協議を迫られる可能性もありそうだ。
(2020/09/23執筆)
【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2020年09月28日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com