方向性欠く展開が続く原油
需要見通しに不確実性

 原油相場は、高値膠着気味の展開が続いている。NY原油先物相場は、6月8日に1バレル=40ドルの節目に到達したが、それ以上は値動きが鈍化しており、過去2カ月間では辛うじて40~43ドル水準までコアレンジを切り上げる展開に留まっている。

世界経済は4~6月期の急減速を受けて、7~9月期には回復傾向を強めている。新型コロナウイルス対策の都市封鎖(ロックダウン)といった強力な施策が解消されるにつれ、経済活動は正常化に向かっている。石油需要に関しても、欧米では4~5月に最悪期を脱し、6月以降は明確な回復傾向を見せている。石油輸出国機構(OPEC)の推計だと、世界石油需要は1~3月期の日量9241万バレルが4~6月期には8195万バレルまで落ち込んだが、7~9月期には9222万バレル、10~12月期には9622万バレルと、急ピッチな改善傾向が続く見通しになっている。

 だからこそ、OPECプラスは8月から協調減産の枠を日量970万バレルから770万バレルまで大幅に引き下げても問題はないと判断し、有事対応としての協調減産体制の緩和に踏み切っている。需要が順調に回復するのであれば、それに応じて減産規模の段階的な縮小も可能と考えている訳だ。

 問題は、需要見通しが依然として大きな不確実性を抱えていることだ。現在の需要回復見通しは、新型コロナウイルスの感染被害がこれ以上広がらないことを前提にしている。しかし、今後は北半球が秋から冬に向かうことになり、その際に感染被害の第2波、第3波を回避できるのかは不透明感が強い。仮に限定的とはいえロックダウンが再開されるような事態になると、石油需要見通しは大幅な下方修正を迫られるリスクを抱えている。

 実際に、新型コロナウイルスの感染被害が再び広がりを見せた米国では、7月以降の需要回復がほぼ止まっている。これまでは末端の石油製品需要が明確な回復トレンドを見せていたが、足元では大きな回復も落ち込みも見られない状況になっている。製油所稼働率の回復も一服しており、本当に年末に向けて需要の回復、そして過剰在庫の取り崩しが進むのかは、依然として懐疑的な見方も根強い状況にある。

OPECと国際エネルギー機関(IEA)は、8月月報においてともに今年の石油需要見通しを下方修正している。航空機用ジェット燃料の需要回復が遅れている影響等も指摘されているが、IEAが需要見通しを下方修正したのは実に4カ月ぶりのことになる。需要環境・見通しに対して、明らかな逆風が確認されている。

 短期スパンであれば、ある程度の在庫減少圧力を見通すことはできる状況にある。7月以降は、米原油在庫の取り崩しが進んでいる。一方で、年末時点でどのような需要環境にあるのかは、明確な見通しを描くことが難しい状況が続くことになる。このため、株高・ドル安と理想的な市場環境でも、原油相場は明確な方向性を打ち出せない展開が続き易い。
(2020/08/19執筆)
【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2020年08月24日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com