急増が予想されるコーン在庫
28年ぶりの需給緩和状態か

米農務省(USDA)は、2020/21年度の米国産トウモロコシ期末在庫が、前年度の20.98億Buから33.18億Buまで急増するとの見通しを示した。在庫率は、前年度の15.2%から22.4%まで急伸する見通しになるが、これは1992/93年度以来の需給緩和状態が想定されていることを意味する。

米中貿易摩擦の影響を受けづらく、価格が比較的安定していることで、農家の作付け意欲が著しく高まるとみられている。作付面積は、前年度の8970万エーカーから9700万エーカーまで8.1%の急増見通しであり、トレンドイールドが実現すると、生産高は前年度の136.63億Buから159.95億Buまで急増する見通しになる。

米中通商合意、新型コロナウイルスの需要ショックの一巡などを受けて、総需要は前年度の138.30億Buから148.00億Buまでの増加見通しだが、大規模な不作が発生しない限りは、トウモロコシ需給に対する緩和圧力は一段と強まる可能性が高い情勢になっている。

では、今季の生産環境はどのような状態にあるかと言えば、豊作を期待させる状況になっている。この時期は作付け進捗率が注目されるが、5月10日時点では67%と、前年同期の28%、平年の56%を上回っている。散発的な寒波も報告されているが、全体としては適温・適雨が観測されており、トレンドイールドを大きく下回るようなリスクは限定される。

USDAは、20/21年度の農場平均価格を1Bu=320セントと、前年度の360セントから更に下落するとの見通しを示している。在庫積み増し圧力を阻止するのは難しい状況が、相場を圧迫し続ける見通し。

足元では、新型コロナウイルスの感染被害が一服し、経済活動の再開が模索されている。ガソリン需要が回復すれば、ガソリンに添加されるエタノール需要も回復する。また、トランプ米大統領が食肉加工工場の操業継続を命じたことで、飼料用需要の落ち込みに対する警戒感も後退している。農家が安値での売り渋り傾向を強めていることもあり、300セントの節目を大きく割り込むようなリスクは限定されている。

しかし、19/20年度の期末在庫見通しも2カ月連続で上方修正中であり、3月時点の18.92億Buが、4月には20.92億Bu,5月には20.98億Buまで、一気に引き上げられている。
また、新型コロナウイルスの責任論、米中通商合意の履行状況を巡って、米中間の対立が激化している。トランプ米大統領は、対中制裁関税の可能性も示唆しており、仮に米国と中国との間の穀物取引が大きなダメージを受ける事態になると、穀物相場全体に急落圧力が発生するリスクは残されている。
(2020/05/14執筆)
【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2020年05月18日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com