VIXショックで金も急落
リスク資産も安全資産も売り


新型コロナウイルスの感染被害拡大は、投資環境に対して極度の先行き不透明感をもたらしている。市民生活のみならず世界経済にとっても大きなリスクになっていることは間違いないが、そのリスクが実際にどの程度のレベルのものなのかは、誰も判断できない状況に陥っている。新型コロナイルスの感染被害が終息に向かうのか否か、終息に向かうとすればどのような軌道を描くのか、マーケットは既に予測を放棄してしまっている。当初は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)などが先行事例として利用できるのではないかと期待されていたが、実際の感染力も致死率も良く分からないままに時間ばかりが過ぎていく状況になっている。


こうした不確実性が現れるマーケットがボラティリティ指数(恐怖指数、VIX)になるが、同指数は2月上旬の15ポイント水準に対して、3月16日には80ポイントを上回る異常事態になった。VIXが終値で80ポイントを上回ったことは過去に二度しかなく、一回目が08年の世界同時金融危機、そして二回目が今回の新型コロナウイルスの危機になる。マーケットの歴史上、過去に殆ど経験したことのない不確実性に直面していることが確認できる。


一般的にVIXの上昇局面では株価が急落していることが多く、通常だと株式や原油などのリスク資産から、金や米国債などの安全資産に対する資金シフトが促されることになる。実際に、VIX上昇の初期段階では金が積極的に買われており、3月9日には1オンス=1704.30ドルと2012年12月以来の高値を更新していた。しかし、更にVIXが上昇を続けて50ポイントを上回るような状態になると、金市場からも資金を引き揚げる動きが活発化した。


極端な高ボラティリティ環境で、株価が瞬時に急騰・急落するリスクを抱えた状態になる中、多くのマクロファンドが許容できるリスクの限界を突破したと評価したためだ。この結果、株式相場が売られたのはもちろん、米国債、コモディティ市場では金やプラチナから農産物まで全面安の展開になった。ファンダメンタルズからみて割安や下げ過ぎとの指摘も聞かれたが、マーケットの関心はリスク削減の一点に集中し、いわゆる「キャッシュ化」の動きが優勢になっている。VIXの高騰が一服するまでは、コモディティ市場は金も含めて全面安の展開を強いられることになる。これは、08年のVIX高騰時にも観測されている値動きである。


一方、その08年の経験からは、VIXのピークアウトと同時に、金相場は底入れして上昇相場に回帰することになる。実体経済の減速、金融政策の緩和、財政拡張など、金相場のファンダメンタルズは一段と強気に傾いており、特に米連邦準備制度理事会(FRB)がゼロ金利政策と量的緩和政策を再開していることは、将来的な上昇リスクを高める。

(2020/03/19執筆)
【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2020年03月23日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com