トルコ中央銀行は25日、政策金利である1週間物レポレートTRINT=ECIを24.00%に据え置いた。据え置きは予想通り。また将来の引き締めに関する文言を撤回し、ハト派姿勢に転換した。

中銀は声明では「物価に影響を及ぼす諸要因を注視しつつ、目標に沿った物価の維持に向け金融政策スタンスを決定する」と表明。同時に従来の「必要に応じて一段の金融引き締めを実施する」との文言を削除した。

出典:Reuters

トルコ中央銀行は4月25日の会合で、声明文から「必要に応じて一段の金融引き締めを実施する」との文言を削除しました。これは政策調整の方向性が利上げであるとのフォワードガイダンスの修正を意味し、次の政策変更が利上げではなく利下げの可能性を高めることになります。

一応は、昨10月時点で25.24%に達していたインフレ率が今年に入ってから20%を割り込んでいるため、インフレ抑制のための利上げの必要性が薄れている結果とも言えます。しかし、直近で19.71%のインフレ率、しかも原油高、通貨安が加速する中で、マーケットはこうしたフォワードガイダンス修正に明確な拒否反応を示しています。

このような政策調整はインフレ率が一けた台まで低下した後で議論しても遅くはないはずですが、トルコ中央銀行は利下げをしたくて仕方ないようです。明らかな政策のミス判断であり、誰もがトルコ売りを加速させると分かる政策調整を行ってしまう点に、現在のトルコ金融政策の問題の根深さが示されています。トルコリラは投資対象として不適格でしょう。


無題



















【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com