Goldman Sachs expects the United States’ decision to end waivers from sanctions on imports of Iranian oil to have a limited impact on prices, even though the timing of the halt is much more sudden than expected.

“While we acknowledge the near-term upside price risks, we reiterate our fundamentally derived Brent price trading range of $70-75 per barrel for the second quarter of 2019,” the bank wrote in a note on Monday.


The U.S. investment bank sees Iranian production declining by 900,000 barrels per day (bpd) compared to the immediately available global spare capacity of 2 million bpd, which is set to grow further later this year.

出典:Reuters

米政府の対イラン制裁強化で原油相場が急伸していますが、ゴールドマン・サックスは限定されたインパクトに留まるとの見通しを示しました。イラン産原油が日量90万バレル減少するとの厳しい前提を採用していますが、世界には日量200万バレルの増産余力があり、今後は更にその増産余力が拡大するため、対応は可能とのロジックです。

これが石油市場の一般的な見方ですが、問題はこの増産余力がいつ実際の増産圧力に転換するのかですね。OPEC内では本当にイラン産原油の供給が落ち込み、OPECの他加盟国の需要引き上げにつながるのかを見極めたいとの慎重な意見も報告されています。対応は可能ですが、適切な時期に適切な規模の対応を行うのかという問題は残ります。

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com