トランプ米大統領が、Twitterで3月28日以来、約1カ月ぶりに原油について言及しました。


「サウジアラビアと他のOPEC加盟国は、我々のイラン産原油に対する完全な制裁によって生じる以上の石油供給を行うだろう。イランはジョン・ケリーから非常に悪いアドバイスを受けており、アメリカのイラン核合意は非常に悪い方向に進んでいる。ローガン法の重大な違反?」となる。

第一のポイントは、4月22日に発表したイラン産原油に対する完全な制裁でイラン産原油の供給が減る分については、OPECがカバーできるとの見通しです。具体的に名前があがっているのはサウジアラビアですが、事前の調整が行われていた可能性が高いことが示されています。

第二のポイントは、ジョン・ケリー元国務長官に対する批判です。ケリー元長官はイラン核合意をオバマ政権時代のレガシーとして重視しており、退任後もイラン高官との接触を行っていることを認めています。トランプ政権は、政権の対イラン政策を台無しにしていると強く批判していますが、ローガン法違反の可能性を警告したかっこうです。

ローガン法とは、米国と対立関係のある国と政府の許可がない個人が交渉することを禁止するものですが、ケリー元長官のイランとの接触がローガン法違反の可能性があるという訳です。「?」を付けているものの、かなり厳しい批判になります。

イランに対する制裁強化の文脈で、1)OPECの代替供給と並んで2)ケリー元長官批判を行ったことからは、トランプ大統領が今回の対イラン制裁に本気で取り組む意思を有していることを明確に示しているのではないでしょうか?

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com