No more waivers: The United States will try to force Iranian oil exports to zero
On Monday morning, Secretary of State Mike Pompeo will announce to the media that, as of May 2, the State Department will no longer grant sanctions waivers to any country that is currently importing Iranian crude or condensate, two State Department officials told me. Last November, the State Department issued 180-day waivers to eight countries to give them more time to find alternative sources of oil. Now, their time is running out.

米紙ワシントン・ポストは、米政府が対イラン経済制裁の猶予措置の延長を行わない方針を固めたと報じています。昨年11月には、原油需給・価格へのショックを警戒して最大180日間の猶予措置を導入しましたが、原油需給・価格の安定化が進む中、今回は完全制裁が可能との判断です。

石油輸出国機構(OPEC)などが減産によって、大量の増産余力を抱えていることで、今が制裁強化の好機と捉えている模様です。当然に原油価格にとってはポジティブな動きですが、あくまでもOPECやロシアが増産対応を実施するまでの期間限定の上昇圧力との評価に留まります。ドライブシーズンにガソリン価格が高騰し、米国内でトランプ政権批判が高まるような事態は想定していないのでしょう。

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com