Sibanye-Stillwater and AMCU conclude gold strike

− signing the 2018 three-year wage agreement* previously signed with National Union of Mineworkers (the NUM), Solidarity and UASA in respect of wages and conditions of service for the period 1 July 2018 to 30 June 2021 

− affirm commitment to conclude a peace pact within 30 days 

− abide by the decisions of the court and that no further appeals will be instituted or pursued 

− developing and implementing, along with other stakeholders, a plan to ensure a safe start and ramp-up of production post-strike, and to promote and ensure sustainable safe production together with the company 

出典:Sibanye-Stillwater(PDF

Sibanye-Stillwaterにおける労働組合AMCUのストライキが終結しました。昨年11月から5ヵ月にわたるストライキは、金鉱山のみならずプラチナ鉱山にも波及する兆しを見せていましたが、漸く最終合意に至っています。

1年目は5.5%、2~3年目は5.5%かインフレ率の高い方の賃上げが実施されることになります。基本的には11月14日にNUMやUASAなどと合意した賃上げ率と同じですが(参考:Sibanye-Stillwater signs three-year gold wage agreement with three unions)、4,000ランドの一時金、給料の前払い、負債管理や金融教育、ストからの職場復帰の交通手段提供など、幾つかの追加の各種補償を付け加えることで合意しました。

AMCUは、来週中には労働者が職場復帰するとの見通しを示しています。金鉱山のストライキがプラチな鉱山に波及する当面のリスクが解消されたことは、プラチナ相場急伸シナリオの一つが破綻したことを意味します。南アフリカでは、まだ電力供給問題などが残されていますが、5ヵ月間も労使でぎりぎりの調整を行う必要があったのか疑問視されるような合意内容で一つの問題がクリアされた格好になります。

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com