天然ゴム、国内在庫急増で実勢悪い

天然ゴム先物相場(RSS)は、2月上旬の1kg=180円水準に対して3月4日の209円50銭まで急伸し、昨年1月以来の高値を更新した。中国の全国人民代表大会を前に、景気刺激策への期待感が上海株価の急伸を促し、つれて上海ゴム相場も急伸した結果である。しかし、その後は上海株価が高止まりする中でも上海ゴム相場は急反落に転じ、つれて東京ゴム先物相場も180円水準まで軟化する、いわゆる「往って来い」型の値動きになっている。

その間の東商取生ゴム指定倉庫在庫をみてみると、1月末の7890トンが2月末には9477トンまで急増し、3月20日時点ではさらに1万2095トンまで急増している。特に2月下旬以降は神奈川地区に3旬連続で1000トン以上の入庫が報告されており、価格高騰が産地から国内に荷を呼び込んだことは明らかである。昨年4月の直近ピークとなる1万3792トンに迫っており、このまま現在の入庫ペースが維持されると、4月上旬にも1万5000トンに到達する可能性も想定しておく必要がある。

こうした在庫積み増し圧力と整合性が取れるように、納会値は1月限の199円50銭が2月限の190円60銭、3月限の180円30銭と、毎月10円程度のペースで値下がりしている。期先限月は昨年11月以降、最大で58円50銭(38.7%)もの急伸相場を形成したが、ゴム需給の実勢を反映しない高騰相場が需給をゆがめ、価格低下圧力が発生しているのが現状と言えよう。

生産国は、ゴム相場の反発と減産期にタイミングを合わせて輸出規制を導入することで、ゴム相場のコアレンジ切り上げを意図していた。本来であれば4月1日からスタートする予定だったが、タイでは総選挙を経ても政権樹立ができない政治の空白状態に陥っており、比例代表の結果が判明する5月まではタイ抜きでの市況対策となる。インドネシアとマレーシア当局者は困惑を隠せておらず、輸出規制の実効性が担保できるのか不透明感が強くなっている。

ゴム需給の実勢の悪さを反映するように、東京ゴム先物相場はきれいな順サヤを形成しており、典型的な弱気の相場パターンになっている。これから産地は減産期のピークに向かうことになるが、期先限月は逆に生産期のピークに向かうことになる。過去30年の月別騰落率だと4月は平均で2.6%安であり、全ての月の中で最悪のパフォーマンスになっている。そして6月が2.1%安で二番目のパフォーマンスの悪い月であり、季節性からみても3月高値を上抜くのは難しいだろう。

必要以上の値上がりがもたらした需給緩和圧力、そして弱気に傾斜しやすい季節性を背景に、値下がり傾向は維持されよう。200日移動平均線のある170円台中盤を下抜き、150〜160円水準まで改めて値下がりするリスクを想定したい。
【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(2019/04/01執筆)
(出所)時事通信社「アナリストの目」2019/04/02

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com