Indonesia, Malaysia Thailand agree to cut rubber exports

Indonesia, along with two other members of the International Tripartite Rubber Council (ITRC) -- Malaysia and Thailand – will cut the export of natural rubber in an attempt to stabilize the commodity’s global price.

Starting April 1, Indonesia will cut rubber exports by 98,160 tons over the next four months, while Malaysia will cut the export by 15,600 tons and Thailand, the largest rubber producer, will cut 126,240 tons starting May 20.

The Trade Ministry’s head of trade assessment and development agency, Kasan Muhri, said the move was part of the ITRC’s sixth Agreed Export Tonnage Scheme (AETS), which aimed for a combined reduction of rubber exports of 240,000 tons.

出典元:The Jakarta Post

第6次AETSの詳細がなかなか明らかにされていませんでしたが、インドネシアから具体的な数値が報告されています。

・タイ 12万6,240トン
・インドネシア 9万8,160トン
・マレーシア 1万5,600トン

となります。タイの政局をめぐる混乱で予定通り実行されるのか不透明感も強くなっていましたが、4月1日からの実行が確認されています。ただ、タイについてはやはり国内承認手続きが遅れている模様であり、5月20日と遅れて開始されることになります。

毎月の輸出規制量が一定と仮定すると、本来だと4月は6万トン程度の輸出削減が予定されていましたが、タイの遅れによって2万8,440トンに留まる計算です。マーケットの大きな反応は一段と期待しづらい数値になってしまいました。

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 http://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com