パラジウム相場の高騰続く
需給ひっ迫は構造問題

自動車の排ガス触媒などに使用される貴金属パラジウム相場が急伸している。NYパラジウム先物相場は、年初の1オンス=1198.90ドルに対して、2月15日の取引では1400ドルの節目を突破し、早くも1500ドルの節目を窺う展開になっている。比較的需給項目が近いプラチナ相場が800ドル水準の安値保ち合いになる中、パラジウム相場は極めて明確な上昇トレンドを形成している。その上昇の勢いは、不安定な投資環境で再評価が進む金相場さえも大きく上回っており、今や金相場を100ドル以上も上回る価格水準に到達している。

パラジウム相場の高騰は、極めて分かり易いロジックであり、その分かり易さが投資人気を集めている。即ち、需給ひっ迫化に対する警戒感の強さである。英貴金属商ジョンソン・マッセイ社が今月発表した最新のレポートでは、パラジウムの供給不足は「構造的」として、短時間に解消される可能性は低いとの見方が示されている。

世界的な景気減速懸念から世界の新車販売は鈍化しているが、排ガス触媒に使用されるパラジウムという観点では、なお強い追い風が吹いている。欧州、中国、インドなどが19年中に相次いで環境規制の強化を予定しており、それに伴い排ガス中のNOxなどを除去するための排ガス触媒フィルター需要の拡大が確実視されている。特に欧州では、排ガス規制そのものの強化に加えて、試験方法の厳格化も順次実施されることになり、自動車メーカー各社は不適合となるリスクへの対応から排ガス制御の取組を強化せざるを得ない状況にある。これと同様のトレンドは欧州以外でも観測されており、19~20年にかけてパラジウムの自動車触媒用需要は二桁の伸びになると推計されている。また、化学分野を筆頭とした産業用需要も底固く、価格高騰の影響を受けないとみられている。特に積層セラミックコンデンサー(MLCC)はハイエンド製品に限定されて使用されているため、他の競合する金属が少なく、需要拡大傾向が維持されるとみられている。

一方で、鉱山からの生産は大きく伸びないとみられている。確かにパラジウム価格は高騰しているが、同時に生産されるプラチナや非鉄金属相場が伸び悩んでいるため、パラジウム生産の採算環境は十分に改善していない。18年に関しては、安値で買われたパラジウム上場投資信託(ETF)の売却が進んだことで需給バランスが大きく乱れることは回避されたが、今後はパラジウムETFの売却を進める余地も乏しく、需給ひっ迫化を阻止する展望が描けない状況にある。

当然に現物市場では急ピッチな価格高騰に対する抵抗もみられるが、パラジウム先物のサヤは逆サヤ(期近高・期先安)の状態を維持しており、一種のスクィーズ的な状況が続いている。需給の論理では一段高必至だが、どこまでの価格高騰を許容するのか、需要家の我慢の限界ラインが打診される。
(2019/02/20執筆)

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2019年2月25日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 http://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com