底入れの時期を打診する金
利上げ停止の有無が焦点に

12月18~19日に開催された今年最後の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、マーケットと米金融当局者の認識に大きなかい離が生じていることを再確認させる内容になった。株価急落に象徴されるように世界経済の減速懸念が強まる中、マーケットは米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを継続することは困難であり、今会合では2019年中の利上げ停止が示唆されるとの見方が優勢だった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)も社説で利上げ停止の必要性を訴え、トランプ米大統領も利上げ停止を強く訴えていた。

しかし今回のFOMCで示された当局者の金利見通しは、2019年中に2回、20年に更に1回程度の利上げを想定するものになっている。これは9月時点の見通しと比較すると利上げ回数を1回削減したことになり、基本的にはハト派方向に政策見通しが修正されている。中立金利が3.0%から2.8%まで引き下げられたことも、従来想定されていた程に強力な利上げは継続できないとの判断を示している。

ただマーケットのコンセンサスは19年中に多くても1回の利上げで、そこで利上げサイクルは終了するというものになっており、今回のFOMCは「予想されていた程にハト派ではない」との評価になっている。

現状では来年6月に次の利上げが想定されており、仮にFOMCが強気の景況判断、労働需給の引き締まりなどを手掛かりに断続的に利上げに踏み切れば、ドル買い・金売り対応が再開される余地を残す。一方、仮に6月追加利上げが実施できない状況、もしくは6月利上げで利上げサイクルの終了を迫られる事態になると、19年下期に金相場は中長期の底入れを確認し、反発では無く上昇トレンド形成に向かう可能性が高まる。

今年は一貫してマーケットが米金融政策を正確に読めない状態が続いた。これがドルインデックスを押し上げ、通貨的な視点では金相場に対して強力な下押し圧力として機能した。第4四半期は辛うじてリスクオフ化が安全資産の観点から金相場を押し上げたが、株安が一服すると売られ易い地合に変化はみられない。
 
しかし、仮に19年中にマーケットの利上げを早期に停止すべきとの主張が正しかったことが確認されると、ドル買い・金売りの13年から5年にわたって続く中長期トレンドが終了し、ドル売り・金買いの新たなトレンドが形成される可能性が浮上することになる。

トランプ米大統領は、企業経営者特有の感で利上げ継続は危険との判断を下しているが、FRBは一貫して経済環境は良好であり、利上げ継続よりも利上げ停止のリスクの方が大きいと考えている。米利上げサイクルが終了し、更に利下げに向かう局面は、歴史的にみて金相場が長期底入れを確認する時期になる。今回のFOMCの予想通りに利上げが継続されるのか、それとも見通しの修正を迫られるのかが、19年の金相場の焦点になる。
(2018/12/26執筆)

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(出所)中部経済新聞2018年12月31日「私の相場観」

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 http://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com