◎〔アナリストの目〕18年の天然ゴム相場、戻り売り対応に優位性=小菅努氏

2018年の天然ゴム先物相場は、おおむね昨年の緩やかなダウントレンドを踏襲する展開だった。1〜11月期の東京ゴムRSSの年間平均価格は1キロ当たり179円53銭で、昨年1年間の227円19銭を21.0%下回っている。年間の高値が216円30銭(1月)、安値が11月の151円20銭。1年を通じて戻り売り対応に優位性が認められる相場環境だった。

マクロな視点では、11年2月の535円70銭をピークとしたゴム相場の高騰局面が、作付面積の急増を促した余波が続いていると評価できる。その当時に作付けされたゴムの樹木が7年前後の生育期間を経てようやくタッピング可能な時期を迎えており、強力な増産プレッシャーがゴム相場の上値を圧迫している。1990年代中盤のゴム相場高騰が、2000年代前半にかけて相場を下押ししたのと同様の現象が発生している。こうした増産傾向は今後数年にわたって続く見通しであり、何らかの政策対応が講じられない限り、ゴム相場は低迷が続きやすい状態にある。

タイ農業当局は、ゴムの農地面積を30%削減する必要性を訴えているが、為替市場では、経常収支、財政収支環境の悪い国の通貨に対して投機売りが膨らみやすい環境にあり、大規模な政策対応が打ち出されることはなかった。東南アジアの国々は、いずれもゴム市況対策に踏み出す財政的な余裕を有しておらず、ゴム相場の低迷状態が放置されている。パーム油、サトウキビ、トウモロコシといった他農産物価格も低迷しているため、現実問題としてゴム生産を止めた際に転作の受け皿となる魅力的な農産物も見当たらなかった。

このタイミングで訪れたのが、最大消費国である中国経済の減速だ。中国はマクロ経済構造の改革中であり、投資から内需主導の経済体質への移行期にあって、景気減速が当局から黙認されている。しかも、米中貿易戦争の勃発によって非鉄金属など他の産業用素材市況も大きく値下がりし、ゴム相場は需要サイドの要因からも上値を圧迫されることになった。

新車市場に限定しても、18年は中国市場で前年実績割れの可能性が高まっている。インド市場も、ノンバンクの信用危機で自動車ローン市場が機能せず、年後半に急速な減速圧力にさらされている。消費環境が良好な米市場がある程度の底固さを見せていることを除くと、世界的に横ばいから漸減傾向が目立ち、強力な増産圧力を吸収するような需要環境は用意できていない。

余剰在庫も解消できず、上海期貨交易所の認証在庫などはむしろ上振れしている。長期ダウントレンドを形成しながらも、需給緩和状態を是正するエネルギーが十分に働いていないことがうかがえる。

◇19年は130〜140円に水準切り下げ
19年も潤沢な供給量が確保される状況に変化が生じる可能性は低い。一方、需要サイドは世界経済の減速から厳しい状態が続く見通し。年間平均価格は18年並みから若干の下振れを想定しておく必要がある。年前半は減産期とあって下げづらいが、その間に政策による供給調整、農家の生産放棄、需要環境の劇的改善などが見られなければ、今年と同様に下期は上値の重い展開が再現されるだろう。コスト論の視点から本格的な値崩れは要求されないが、16年にサポートされた150円水準を下抜くと、支持線は130〜140円近辺まで切り下がると予想する。

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

(2018/12/02執筆)
(出所)時事通信社「アナリストの目」2018/12/04

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com