韓国企業シニル・グループが、ウルルン島近海で日露戦争中の1905年に日本の連合艦隊によって沈められたロシアの軍艦DONSKOII(ドンスコイ)を発見したと発表しました。金塊と金貨で200トンの金が積まれていると報じられています。



TBS NEWS=日露戦争のロシア軍艦発見、金塊などが中に?

まだ未確認なのでなんとも言えませんが、これが事実だとすると金市場でも無視できない規模です。専門家ではないのでそもそも全長92.96メートルの軍艦に200トンの金を積載する能力があるのかも分かりませんが、昨年の新産金が3,298トンだったのと比較すると、200トンはその6.1%に相当する規模です。

これが地上在庫として金需給に還流するのかも不明ですが、仮に市場で売却されると金価格に対するダメージは無視できない規模になるでしょう。

無題














(画像出所)TBS NEWS

一方で、まだ1グラムの金も発見された訳ではありません。関連企業の株価押し上げを意図したものではないかとの観測もあります。また、韓国領海で埋蔵船の荷を引き上げるには推定価格の10%に相当する発掘保証金を納付する必要があるそうですが、そのために必要な必要は約1.5兆円と現実的ではありません。しかも、仮に金が発見されたとしても、ロシア軍艦内の埋蔵金の所有権はロシアにある可能性もあります。

シニル・グループは、引き揚げ費用のために仮想通貨を販売することを検討中との報道もあります。詳細なスキームは出てきていませんが、自己資金ではなく外部からのファイナンスも少なくともある程度の規模で想定している模様です。

「ロシア軍艦から埋蔵金発見か?」というロマン溢れるニュースですが、株価押し上げや仮想通貨による資金調達が目的だとすると、一気に胡散臭い話に変わってしまいます。ここ最近だと、2015年ナチスの金塊や宝石を積んだ列車が発見されたとの発表が16年の発掘調査で否定されたのがありますが、この種のニュースは「発見か?」と騒いでいる間が一番楽しい時間なのかもしれません。

最近の金相場の急落は、こうした200トンの金発見を先取りした動きとなると面白いロジックになりますが、関係ないでしょうね。実際に、この発表が行われた後の金相場は目立った反応を見せていません。

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com