小菅努の商品アナリスト日記

金、プラチナ、原油、天然ゴム、穀物、農産物などのコモディティ市場をメインに、為替、株価指数などもカバーしています。

金融機関、商社、事業法人、ベンダー様向けにマーケット分析情報の配信業務を行っています。コモディティ市場のレポート配信サービス(法人向け)、寄稿・講演のご依頼などは、下記E-Mailまでお問合せ下さい。

マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com

やはり分かっていないトルコ中央銀行


トルコ中央銀行は25日、政策金利である1週間物レポレートTRINT=ECIを24.00%に据え置いた。据え置きは予想通り。また将来の引き締めに関する文言を撤回し、ハト派姿勢に転換した。

中銀は声明では「物価に影響を及ぼす諸要因を注視しつつ、目標に沿った物価の維持に向け金融政策スタンスを決定する」と表明。同時に従来の「必要に応じて一段の金融引き締めを実施する」との文言を削除した。

出典:Reuters

トルコ中央銀行は4月25日の会合で、声明文から「必要に応じて一段の金融引き締めを実施する」との文言を削除しました。これは政策調整の方向性が利上げであるとのフォワードガイダンスの修正を意味し、次の政策変更が利上げではなく利下げの可能性を高めることになります。

一応は、昨10月時点で25.24%に達していたインフレ率が今年に入ってから20%を割り込んでいるため、インフレ抑制のための利上げの必要性が薄れている結果とも言えます。しかし、直近で19.71%のインフレ率、しかも原油高、通貨安が加速する中で、マーケットはこうしたフォワードガイダンス修正に明確な拒否反応を示しています。

このような政策調整はインフレ率が一けた台まで低下した後で議論しても遅くはないはずですが、トルコ中央銀行は利下げをしたくて仕方ないようです。明らかな政策のミス判断であり、誰もがトルコ売りを加速させると分かる政策調整を行ってしまう点に、現在のトルコ金融政策の問題の根深さが示されています。トルコリラは投資対象として不適格でしょう。


無題



















【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com 

 

BOJがフォワードガイダンス修正、動かないリスクか?

日本銀行は、海外経済の動向や消費税率引き上げの影響を含めた経済・物価の不確実性を踏まえ、当分の間、少なくとも 2020 年春頃まで、現在のきわめて低い長短金利の水準を維持することを想定している。

日本銀行は4月25日の金融政策会合において、上記のようにフォワード・ガイダンスの修正を行いました。従来は政策金利の引き上げを「当面の間」行わないとしていましたが、それを「少なくとも2020年春頃まで」と明確化した格好です。

期限を切ったという意味ではタカ派とも言えますが、あくまでもこれは最低ラインであり、インフレ環境の改善がなければ、欧州中央銀行(ECB)などと同様に更に先送りされることになるでしょう。あまり大きな意味がないフォワードガイダンスとも言えますが、世界的に低金利環境の長期化圧力が強まる中、現在の世界の金融政策環境では動かないことが通貨高(=円高)を招きかねない状況にあります。緩和姿勢の強化を打ち出す必要性が高まる中、無難なカードを切ったということでしょう。

インフレ率引き上げがうまくいっていないことが再確認できると同時に、日本銀行が円高リスクを強く警戒していることが窺えます。


無題












(出所)日本銀行(PDF

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com 

 
 

Q1の中国金需要は微増


BEIJING, April 25 (Xinhua) -- China's gold consumption edged up 0.69 percent year on year to 286.93 tonnes in the first quarter of this year due to strong domestic demand, according to the China Gold Association Thursday.

出典:新華社

中国黄金協会によると、1~3月期の中国金需要は前年同期比0.69%増の286.93トンになりました。景気減速で家計部門から金に回る資金の縮小が警戒されていましたが、金価格が堅調な中でも底固い需要環境を実現しています。金額ベースだと、もう少し強い数値になりそうです。サプライズとは言えませんが、中央銀行も毎月10トン前後の購入を行っていることを合わせて考えると、良い数値と言えるでしょう。

足元では金価格の下落を受けて、中国の現物買いが増えています。国際指標に対して20ドル前後のプレミアムが加算されており、現物需要環境の悪化はあまり警戒する必要性がなさそうです。

【マーケットエッジ株式会社 代表取締役 小菅努】

******************************************

マーケットエッジ(株)では、コモディティ市場と金融市場のレポート配信の他、講演のご依頼も承っています。まずはご相談下さい。

【お問合せ先】
マーケットエッジ株式会社 https://www.marketedge.co.jp/
E-mail  kosuge.tsutomu@outlook.com 

 
記事検索
 
sponsored link
QRコード
QRコード
プロフィール
小菅 努(こすげ つとむ)

1976年千葉県松戸市生まれ。筑波大学卒。商品先物・FX会社の営業本部、ニューヨーク事務所、調査部門責任者等を経て、現在はマーケットエッジ(株)代表取締役。商品アナリスト・東京商品取引所認定(貴金属、石油、ゴム、農産物)。貴金属、金属、エネルギー、ゴム、農産物などの商品先物市場全般が主なカバー対象です。商社、事業法人、金融機関向けに分析レポートを配信しています。為替、株価指数などもカバーしています。

【URL】
マーケットエッジ株式会社

【E-mail】
kosuge.tsutomu@outlook.com

【SNS】
Twitter

【連絡先】
E-mailでお願い致します。相場動向に関する質問への個別対応は行っていませんのでご了承下さい。
小菅努のコモディティ分析
小菅努のコモディティ分析 ~商品アナリストが読み解く「資源時代」

会員制の有料メルマガです。コモディティの基礎知識から専門的な分析まで提供しています。1,944円/月、週2回以上の発行です。

詳細や購読のお申し込み方法は
http://foomii.com/00025
をご覧下さい。
アナリストの視点
Yahoo!ニュース コモディティアナリストの視点

Yahoo!ニュースに不定期で寄稿しています。

過去のレポートはこちら をご覧下さい。
sponsored link
Twitter
amazon.co.jp